MENU

どうして髪が抜けて薄毛になるの?その原因と対策は?

どうして髪の毛は抜けて薄毛になってしまうのでしょうか?その原因はなんでしょうか?

 

いま日本には薄毛に悩む人が増えています。以前は男性だけのものと思われていましたが、近年は女性も薄毛に悩む人が増加していますね。

 

ではなぜ薄毛になってしまうのでしょうか?その原因は下記の要因が関係しています。

 

ヘアサイクルとは?

 

暑さや寒さ、そして衝撃などから頭部を守る役割をしている髪の毛ですが、どんな健康な人でも「成長期」「移行期」「休止期」というヘアサイクルというものがあり、抜けたり生えたりを一定のサイクルで繰り返しています。

 

ヘアサイクル

 

 

成長期

髪の毛が生えはじめてから成長が止まるまでの期間。成長期の期間は通常2〜6年くらいで頭髪の85〜90%にあたります。

 

移行期

成長がストップして休止期に移るまでの期間で約2週間。今生えている髪の毛の1%にあたります。

 

休止期

毛根が退化してから脱毛する期間で約3ヶ月間。今生えている頭髪の9〜14%にあたります。

 

 

薄毛になる原因とは?

 

薄毛になる人の原因は何らかの要因によりヘアサイクルが乱れ、成長期の途中で休止期をむかえ抜け落ちてしまうからなんです。

 

そのヘアサイクルを乱す要因として考えられるのが

 

遺伝的な要因

遺伝

 

身内にハゲの人がいると自分も禿げになるという噂を耳にすることが多いと思います。

 

しかし多少なりとも遺伝的要素は関係しますが絶対に遺伝するという事ではなく、薄毛になりやすい体質を受け継いでいるだけです。

 

薄毛になることに注意している人は禿げない人も多いです。

 

 

 

食生活、栄養バランスの乱れ

食事バランス

毛髪を健康にするためには十分な栄養を送ってあげることが必要です。
そのため栄養バランスのとれた食事をする必要があるんです。

 

毛髪をつくる元となるのが「たんぱく質」です。そしてその代謝を助ける補酵素のビタミンやミネラルも欠かせません。

 

近年、食生活の欧米化で高カロリー・高脂肪食の食事が多くなり、頭皮の毛細血管を詰まらせてしまうことが原因で薄毛になる場合があります。

 

 

 

ストレスなど精神的な要因

ストレス

 

ストレスが直接薄毛の原因ではないようですが緊張すると筋肉が収縮して血管が細くなることで栄養分が十分運ばれなくなり毛髪が育たなくなるという説もあります。

 

ストレスが原因と言われている一時的な10円玉ハゲもその一つではないでしょうか。

 

 

 

 

 

被り物の外的要因

帽子

 

帽子やヘルメットなどは頭皮が蒸れやすいため、毛髪に十分な栄養が行き渡らなくなるためシャンプーなどでよく汚れを落とし、育毛剤でケアして清潔を保つよう注意した方がいいでしょう。

 

職業柄、帽子やヘルメットが必須な方も多いと思いますが、よく汗をかく場合は、こまめに汗を拭くようにしてくださいね。

 

 

 

 

睡眠時間の要因

睡眠不足

 

睡眠時間は毛髪にも健康にも大切な役割をします。

 

睡眠中は、タンパク質の合成が盛んになり、新しい細胞がつくられます。

 

髪の毛は夜に成長し昼間はあまり成長しないと言われています。

 

毎日の十分な睡眠を大切にするといいでしょう。

 

 

 

抜け毛や薄毛人なる原因を理解し、育毛剤の効果がより発揮できるよう、自分でできる事は改善していくのが大切です!!

 

 

ボタン

 

チャップアップの効果トップページに戻る